AUBEとは

私はADHD、かつカサンドラ症候群で長年苦しんできましたが、当事者会で自分と同じような苦しみを抱える仲間と出会ったり、ADHDに特化した認知行動療法を受けることで苦しみから回復することができました。

しかしながら、ADHDの診断を受けたり、自分がカサンドラ症候群であると気づいても、具体的な改善策を教えてくれたり心身のサポートをしてくれる施設は、まだ日本にはあまりありません。

私は運よく回復できましたが、ADHDやカサンドラを専門的にサポートしてくれる場所は圧倒的に不足し、困っている方がたくさんいらっしゃると実感しています。

私のように苦しんでいる方のお役に立ちたい。私のように苦しんでいる方が一人でも減ってほしい。そんな思いから、18年間務めた出版社を退職し、2018年秋にAUBEを立ち上げました。

AUBEとはフランス語で「夜明け」という意味です。

私はADHDやカサンドラ症候群で苦しんでいるとき、暗闇の中を一人でさまよっているような気持ちでした。一生、夜は明けないと感じ、絶望の中で生きる気力を失っていました。

しかし、私は当事者の仲間やサポートしてくれる専門家と出会い、夜明けを迎えることができました。


AUBEは発達障害やその周りで苦しんでいる方々が暗闇から抜け出し、夜明けを迎えるためのお手伝いをいたします。

AUBE代表 西原三葉